3. 近隣苦情対策

民泊運営におけるリスクとして、「近隣からの苦情」もありますが、Airporterを利用することで、このリスクも低下させられるかもしれません。

「近隣からの苦情」は、ゴミ出し時のトラブル、騒音などにより起こりますが、多くの場合「おそらく民泊をやっているであろう部屋」で、不特定多数の知らない外国人が出入りをしていることに対して不安を抱くからではないでしょうか。では、「おそらく民泊をやっているであろう部屋」と近隣の方が判断をする材料は何でしょう。

それは、実は外国人がスーツケースをガラガラと引いて部屋に入っていくことを目撃した瞬間です。近隣の方はその光景を見て、この部屋では民泊をやっているのではないかと不安に思うのです。そこから苦情に発展し、最悪の場合撤退をせざるをえなくなるかもしれません。

その対策としても、Airporterをご利用ください。

Airporterは、プロの配送ドライバーが荷物を運びます。それにより、「外国人がスーツケースを引いている」姿を近隣の方が目にする機会が激減します。

1分で出来るゲストへの紹介方法はこちら